きれいな外装の家

ポイントを押さえた輸入住宅選び

輸入住宅で生活してみたい、そう考えた際には、ある程度ポイントを押さえた輸入住宅選びをすることが大切になります。例えば、世帯のマネープランをしっかりと考えたうえで、輸入住宅購入にかかる頭金やローン支払いなどについて、検討することが大切になります。為替相場なども、輸入住宅の場合は一定チェックしておくと、お得に…

輸入住宅を買うタイミングとマネープラン

輸入住宅に住みたいと考えた時に、最低限次の点には留意した方が良いのではないかと考えられます。まずは、いつ輸入住宅を買うのか、そのタイミングをしっかりと考えることが大切です。例えば、子どもが小学校に入学するタイミング、結婚したタイミング、出産したタイミング、希望の仕事に就いたタイミングなど、それぞれの世帯ご…

輸入住宅に興味ありますか?

「輸入住宅」って聞いたことありますか?一般には「海外における設計コンセプトに基づく住宅を一括して輸入して、日本国内で建築する住宅」を言います。つまり、外国風の住宅を外国の建材を使って日本で建築する、ということです。映画やテレビで見るアメリカン・スタイル、ヨーロピアン・スタイルのオシャレで可愛い住宅のことですね。
では、輸入住宅にはどんなメリットがあるでしょう?もともと北米、カナダ、北欧からの輸入が多いため、住宅の気密性・断熱性が高いことがあげられます。複層サッシガラス(ペアガラス、二重サッシ)の窓が標準になっています。また2×4工法(ツーバイフォーこうほう)と呼ばれる枠組壁工法や工場で生産された壁パネルを現地で組み立てるパネル工法を採用していますので、耐震性・耐火性が優れています。
一方、デメリットとしては、輸入材を使用する為、輸送費にコストがかかることや建てた後のメンテナンスでも、建材を輸入する場合もあるので時間と費用がかかることがあります。また海外風の住宅にするので、インテリアや設備も海外製品を使用したくなる場合には、サイズやメンテナンス性も気を付ける必要があります。またメリットの裏返しになりますが、気密性が高いため換気をこまめにしないと湿気で部屋が傷んでしまうデメリットがあります。
輸入住宅を選ぶ際は、事前調査をしっかり行い信頼できる施工業者を選定しましょう。

輸入住宅とはなんでしょうか

みなさん輸入住宅をご存知でしょうか。輸入住宅とは住宅の建設に用いる資材などを外国から輸入し建てられた家のことで、一般的な家に比べて外観が日本ではあまり見られないような欧米風のデザインや北欧風などになったりします。
このような話を聞いて、興味があるけど日本の気候にその家が合っているのか不安という方も多いのではないでしょうか。その点は安心で海外の資材を使って海外の家風に作られたと言っても、日本の気候風土に合うように作られるので木材が腐ったり、結露がひどい、なんてことは起こりません。一般的には輸入住宅は気密性が高いので冬などはとても暖かく防音効果も高いです。ただ、そのかわり湿気はたまりやすいのでこまめな換気は必要です。
では、お値段はいくらくらいするのでしょうか。こちらは参考価格ですが一坪あたり30万から110万など会社によって多く変わるので、しっかりと比較し検討することが必要です。その際におすすめしたいのが平屋タイプの輸入住宅です。平屋タイプだと外の庭との空間的繋がりがより強く開放的な家の作りになるので、より海外の住宅っぽさが出ると思います。そしてお値段も二階部分がないためコストを抑えられより細部にこだわることができます。
ここまで説明しましたが、輸入住宅には様々なタイプがあるので比較して理想の家を見つけましょう。

輸入住宅の特徴と住宅のタイプが知りたい!

近年大人気の輸入住宅。輸入住宅の特徴として、外観も内装も含めて全てが海外の思想を取り入れている事が上げられます。また、海外の設計思想に基づきながらも、日本の気候に合うように工夫されているのも輸入住宅です。日本は海外に比べ湿度も高く、海外の材料をそのまま使っていたら腐ってしまったりダメになってしまうこともあります。
しかし輸入住宅は海外と全く同じ施工方法をしているわけではなく、日本のその地域に合わせて施工を変えてくれるので、見た目は海外風でも日本人が住みやすい住宅になるんです。また、輸入住宅にも種類があります。フィンランドやスウェーデンなどの寒い地域の住宅スタイルは、高気密高断熱で気温の変化に強く寒い地域の人におすすめです。日本でも馴染みがあるアメリカやカナダの北米住宅スタイルは、断熱性だけじゃく耐久性が高いのも特徴です。築何十年の物件でも、普通に住むことが出来ます。
その他には、ログハウスタイプの輸入住宅もあります。木材などの自然を感じられるデザインが特徴的なログハウスは、自然が多い地域で暮らすには最適な住宅です。ログハウスの材料の木材には燃えにくいものが使われているので、火事の心配も少ないのも嬉しいポイントですね。まるで海外に移住したかのようなオシャレな住宅に住めるのが輸入住宅の特徴です。
輸入住宅にも様々なタイプがあるので、自分が憧れる家に日本で住めるのは嬉しいですね。

輸入住宅の魅力や注意点

人気沸騰中の「輸入住宅」はその洗練されたデザインが一番の魅力で購入を決意された方も多いほど、斬新なデザインが目を引きます。輸入住宅は、北欧や北米、地中海といった地域のデザインを採用しており、日本にはない家となっております。そんな輸入住宅に対しての魅力や長く住むための注意点をご紹介していきたいと思います。
輸入住宅は、その名の通り輸入されてくる住宅となっており、資材も北欧や北米から運ばれてくる場合が多いです。海外の特徴として、湿気が少ないといった地域柄から輸入住宅は湿気に弱いと言われておりますが、しっかりとしたケアを行なえば、そこまで脅威に感じる必要はありません。湿気対策としては、一番簡単な換気から行って下さい!天気のいい日には締め切らずに、風通しを良くする事で湿気やカビを防ぐ事ができます。
また、壁のヒビや家の不具合は放置しておくのではなく、見つけたらしっかりと工務店へ連絡をする事をおすすめします。海外からの資材ですので、発注後少し時間が掛かる場合があります。その間に家の劣化が強くなってしまうと、修繕費用も高くなってしまいますので、早め早めの対策を行って下さい。輸入住宅は日々のケアを行う事で長く住める良きパートナーとなります。デザインや外観の美しい輸入住宅をぜひご検討下さい!!


輸入住宅にあこがれがあるが知識が不足していていまいち購入にいたらないという方は輸入住宅に関する情報を提供しながら打ち合わせをしてくれる会社に依頼するのがいいでしょう。こちらのわからないことをしっかりと教えてくれるので不安なく輸入住宅を購入することができます。輸入住宅を購入するときはこういった信頼できる会社にお願いするのが大切ですね。

ポイントを押さえた輸入住宅選び

輸入住宅で生活してみたい、そう考えた際には、ある程度ポイントを押さえた輸入住宅選びをすることが大切になります。例えば、世帯のマネープランをしっかり…

輸入住宅の特徴について

人生の拠点となるべく居住地を購入する時に、輸入住宅を選択するという方法があります。この記事では輸入住宅を選ぶメリットや、輸入住宅の特徴を分かりやすくお伝え…

TOP